横倉本店のこだわり

ビール仕入れイメージ

ビール4社特約

横倉本店は、創業以来培ってきた信用と実績により、地方問屋としては極めて稀な4大ビールメーカーと特約店契約を締結しています。《サッポロビール(明治25年)・サントリー(明治35年)・アサヒビール(平成7年)・キリンビール(平成9年)》。

4大ビールメーカー特約店である弊社は、メーカーから直接、横倉本店の倉庫に商品が届く仕入をしています。鮮度が求められる生ビール等、お客様の元へ効率よくお届け出来る様、日付などの商品管理を徹底しフレッシュローテーションに取り組んでいます。

商品

横倉本店の取扱商品は、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ワインなどの全酒類から飲料・食品まで、豊富な商品でお客様のご要望に幅広くお応えしています。総商品点数は年間14,000品以上。常時約5,000品の商品ストックからお客様へお届け致します。

仕入

横倉本店は、各種酒類メーカー様と特約店契約や直接取引を中心とした仕入を行っています。現在お取引頂いているメーカーは400社以上。ビールメーカーや全国地酒・栃木県蔵元、本格焼酎蔵元、ウイスキー醸造元、ワイナリー、飲料など多岐に渡ります。そのメーカー様各社が商品に持つ想い、それをお客様の元にお届けすべく日々取り組んでいます。

配送

横倉本店の配送は自社物流を基本に商品をお届けしています。

栃木県内ほぼ全域を配送エリアとし、茨城県や群馬県の一部地区もお届けしています。

宇都宮本店と鹿沼支店の2拠点から柔軟な対応でお客様のご要望にお応えします。

配送トラックイメージ
営業イメージ

営業

横倉本店の営業活動はメーカーとの商談、お客様への提案活動、商品販売促進のPOPやメニュー作成など多岐にわたります。それらはすべてお客様の課題解決へ向けて取り組む営業活動の一環です。お客様1店舗に1営業マン(専任担当)が就き、栃木県内全域をサポートする営業体制で地域評価№1酒類流通業を目指しています。

卸売業・小売業について

横倉本店は、卸売業(問屋)と小売業(業務用小売)のノウハウを併せ持つ酒類販売会社です。

卸売業
酒販店、デパート、スーパー、コンビニエンス、物産店などへ商品を販売

小売業
ホテル、ゴルフ場、飲食店、外食チェーン、企業などへ商品を販売

多種多様なお客様とお取引を通じて、業態に即したご提案を行っています。

又、近年では首都圏の酒類販売店と連携した商品配送も行なっています。

卸販売小売イメージ
流通ハンディイメージ

物流システム

横倉本店の物流システムは、ハンディーターミナルと連携した物流管理を行っています。商品の在庫数や入荷年月日、賞味期限、出荷状況等をリアルタイムで管理すると共に、出荷作業や検品、棚卸業務もハンディーターミナルを使用した確実でスピーディーな業務を実践しています。また、お客様からのお問合せに対し、より的確に、より確実にお応えするため、物流システムの商品情報と営業支援システムとの連携を図りながら、窓口業務から納品に至るまでの品質向上に取り組んでいます。

PB商品

横倉本店のPB(プライベート・ブランド)商品は、日本酒や焼酎、ビール、リキュール、飲料など、栃木県の商材を中心に企画・開発しています。
主な商品
アロマボトルシリーズ
天鷹・十一正宗・日光誉・杉並木・四季桜・七水・澤姫・惣誉・開華
地酒3本セット
大田原の地酒 三つ蔵飲み比べ・宇都宮の地 酒 酒蔵散歩・日光ろまん街道 美酒探訪・栃木の酒蔵 地酒紀行
とちぎの地酒
那須八汐・四季桜 吟醸酒・宇都宮の地酒 澤姫・杉並木 純米吟醸
日本酒 大寒しぼり
杉並木・澤姫
大谷石洞窟貯蔵
出羽桜 発砲清酒 せみしぐれ・四季桜 大谷浪漫
とちぎの焼酎
夢草子・紅風車・いろはもみじ
とちぎのビール
とちぎフルーツプレミアム・日光いろはビール・白い貴婦人
リキュール
ヨーグルトのお酒・とちおとめチューハイ
飲料
サイダー(いちご・りんご・ぶどう)・うつのみやゆめサイダー

展示会の開催

横倉本店主催による酒類・飲料展示会「美酒探訪」の開催を行っています。宇都宮市内のホテルにてメーカー約70社が参加。メーカーセールスによるフレッシュな情報とともに、売れ筋商品や新商品、季節限定品や展示会限定品などを毎回ご紹介いたします。また、その年の消費トレンドに合わせた商品の展示や試飲、お酒の新しい飲み方や楽しみ方のご提案など、これからのご商売にお役立ちいただける様々な企画コーナーも用意しております。

展示会イメージ

SDGs達成に向けた経営方針等

当社は地域密着型の酒類卸売業・酒類流通業者として、酒類の販売を通じ、人と人との絆を深め地域社会のお客様の豊かな食生活をサポートし、持続可能な「とちぎの食文化・酒文化の創造発展に貢献すること」を使命としています。
この使命を実現することは、すなわちSDGsの達成と目的が共通するものであり、社員一人ひとりがそのことを自覚し、それぞれの役割を果たしていくことによって、SDGsの達成に貢献してまいります。

SDGS達成に向けた重点的な取組み

地域資源の積極的利用

地産地流地消、地産外商に地域資源を優先的に活用
原材料の調達から製造、販売まで地域事業を考慮した取り組みの実施

SDGsアイコンイメージ

エシカル消費の推進

環境・人、社会(地域)に配慮した商品の取扱いを増やす
エシカル消費推進活動の強化

SDGsアイコンイメージ

フードロスの削減

賞味期限の管理など在庫管理の徹底による商品廃棄物の削減

CO2の削減

燃料(曜日配送等配送効率化への取組み)
LED照明等省エネに貢献する設備の導入

SDGsアイコンイメージ

地域交流・貢献活動

地域の街おこしイベント等への参加
杉並木保護活動

人材育成

職務や役割に応じた研修体系の整備と実施